掲載・放送

 

テレビ、FM、新聞などに紹介して頂きました一部をご紹介いたします。

 

ケーブルテレビJ:com 「横濱人図鑑」 

ゲスト出演

 

 

ケーブルテレビJ:com

「泉秀樹の歴史を歩く」 

2018年12月号・明智光秀の野望

バックミュージック担当

 

タウンニュース 横浜南区版

2018年12月6日号

 

◆2017年6月 毎日新聞「遊ナビ」

 

こちらのコンサート出演後に、お客様が「新聞に載っていたよ」と持参してくださいました。

 

◆2015年2月 フェリス女学院大学 受験生向け冊子「こんな記事が載っています」

 

フェリス女学院大学 企画・広報課が記事を転載。

母校の受験生向けの冊子でOGとしてご紹介いただけたことは、卒業生として嬉しい出来事でした。 

 

◆2014年10月13日 「FM横浜」

 

FM横浜からインタビュー。 

毎週月曜日放送の「ファンケルヨコハマなでしこ」のコーナーで、DJの桐島瑞希さんと、演奏活動と『いこいのピアノ教室』について楽しくお話しさせて頂きました。 

ホームページでも紹介していただきました。

 

 

 

 

 ◆2014年夏 「mirea」

 

フリーマガジンmirea(ミレア)から取材。

「思いあるヒト」のページに大きく掲載されたほか、 ホームページでも大きく紹介していただきました。

 

 

 

◆2012年11月 「ケーブルテレビJ:COM」

 

ケーブルテレビJ:COMの生放送番組「夕なび 湘南~横浜」にゲスト出演。ピアノユニットカプリースのメンバーとして楽しくお話させていただきました。コンサートのリハーサルにも、番組のカメラマンが取材に来てくださいました。

 

◆2011年12月 「タウンニュース」

 

主催した「ピアノユニットカプリース クリスマスコンサートVol.3」を大きく告知してくださいました。

 

◆2011年11月 「ケーブルテレビJ:COM」

 

『ファンケルヨコハマなでしこ』に出演。横浜山手にあるエリスマン邸でインタビュー。

撮影後に司会の森田雪さんと。

 

インタビュー後は、エリスマン邸のピアノでのソロ演奏と連弾6手演奏も放送されました。

 

 

 

◆2010年12月4日 「ケーブルテレビ横浜テレビ局」

 

ケーブルテレビの生放送番組「Hometown横浜」で、主催した「カプリース クリマスマスコンサートVol.2」を紹介してくださいました。 

 

◆2010年11月 「タウンニュース」

 

株式会社タウンニュース社の取材。

地域情報誌タウンニュース横浜市金沢区版「人物風土記」で演奏活動を紹介してくださいました。

 

 

 

 

 

◆2009年3月 「タウンニュース」

 

2009年3月11日、NPO法人大倉山水曜コンサート主催していただきソロリサイタルを開催。大きく告知してくださいました。

 

◆2008年8月 「タウンニュース」

 

泉区民センターテアトルフォンテ主催「やさしいクラシックコンサート」 にピアノ独奏で出演。大きく告知してくださいました。

◆2006年5月号 「音楽の友」

 

「Concert Reviews(P.162)」

東京フィルハーモニー交響楽団主催・特別演奏会『雅なる舞の響き』

(平成17年度 文化庁芸術創造活動重点支援事業/サントリーホール20周年記念事業)

松平頼則作曲「オーケストラとピアノのための主題と変奏」

 

~カラヤンが演奏したことでも知られている松平頼則の「主題と変奏」は、

北川恭子のピアノが俊敏な感覚と優美さを演奏に与えていたのが印象深い。~

 

◆2006年3月号 「ぶらあぼ」

 

ソリストとしてサントリーホールで東京フィルハーモニー交響楽団と共演。 

 

 

◆2003年11月 「タウンニュース」

 

オーディションに合格し、合格者の中から選抜された「横浜市民広間演奏会特別演奏会」にピアノ独奏に出演。大きく告知してくださいました。

 

 

 

はじめまして。

いこいのピアノ教室のホームページへようこそ! 

 

私は主宰・指導しております北川恭子です。

 

おかげさまで、いこいのピアノ教室は今年の9月で16周年になります。

 

開室当時、小さなこどもだった生徒の皆さんも今は立派な社会人や大学生。

 

音楽の道に進んだ方もいらっしゃれば、生涯のパートナーとしてピアノを長く楽しんでいらっしゃっる方もいらっしゃいます。多くのご縁ある皆さんが、ご自分にあった心地よい距離感で音楽を愛し続けています。

 

 

憧れの作品に触れ、試行錯誤し、想いに近づけた演奏ができたときの達成感や、

レッスンを通して、新たな素晴らしさに気づけたときの深い感動・・・。

 

これらは長い歴史に残るほどの高いクオリティの芸術に向き合うからこそ、得られる喜びではないでしょうか。

 

 

いこいのピアノ教室では、アットホームな雰囲気の中にもよい緊張感を保ちつつ、風通し良く、楽しくレッスンしております。

 

 

「生徒の皆さんがピアノを通して喜びや幸せがより感じらますように」

 

音楽がうるおいとなって、こころ豊かにお過ごしになれますように」

 

と願いながら、入門生から上級者まで、おひとりおひとりと丁寧に向き合っています。

 

私自身が演奏活動と自己研鑽を続けていますので、生徒さんへの指導方法も私なりに研究を続けており、熱心に、こころをこめたレッスンを継続できるように心がけております。

 

 

小さなお子様からおとなの方まで、ピアノを奏でることをご一緒できる素敵なご縁をお待ちしております。