講師のプロフィール

 

北川  恭子 (ピアノ)

 

桐朋学園子供のための音楽教室 鎌倉教室を経て、フェリス女学院大学音楽学部器楽学科ピアノ専攻卒業。選抜生としてブレーメン芸術大学教授シュテファン・ゼーバス氏の半年間のマンツーマンレッスンを受講。ピアノを堀由紀子氏、室内楽・伴奏法を立神粧子氏に師事。

フェリス女学院大学大学院音楽研究科修士課程器楽専攻ピアノ科修了。

その後4年間、非常勤副手(伴奏ピアニスト)して勤務。歌曲・合唱の伴奏、指揮法、オラトリオ研究、大学院オペラ研究、大学院教会音楽研究など、多くの講義やコンサートでピアニストを務め、教育・演奏技術の研鑽を積んだ。

 

大学在籍中より演奏活動を始める。

 

ソリストとして、文化庁芸術創造重点事業・サントリーホール20周年記念事業・東京フィルハーモニー交響楽団主催 コンサート「音楽の未来遺産~雅やかな舞の響き」 に出演。サントリーホールで 渡邊一正氏指揮・東京フィルハーモニー交響楽団と『松平頼則:ピアノとオーケストラのための主題と変奏』を協演し、プロデビュー。

 

フェリス女学院大学音楽学部主催 特別演奏会「オーケストラ協演の夕べ」にソリスト出演。オーケストラと『モーツァルト:ピアノ協奏曲第21番』を協演

同大学大学院音楽研究科主催 特別演奏会「オーケストラ協演の夕べ」にソリスト出演。横浜みなとみらいホール(大ホール)で 渡邊一正氏指揮・神奈川フィルハーモニー管弦楽団と『プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第1番』を協演

 

NPO法人大倉山水曜コンサートや横浜市イギリス館でリサイタル開催。

200809年 横浜市文化賞授与式にて横浜市歌を演奏。

200910 横浜ランドマークプラザガーデンスクエアのピアニストを務める。

200813年 ピアノユニットカプリースのメンバーとして「カプリースコンサート Vol.1〜5」「あじさいコンサート」「乳幼児から大人まで楽しめるモーニングコンサート」を主催・出演。

201517年 クラシックヨコハマ主催 シルク博物館コンサート出演。

関内ホール主催「よちよちひなたぼっこコンサート」「ピアノ解体イベント」出演。

横浜山手芸術祭参加作品・フェリス女学院大学教員主催コンサート「ブリテン:オペラ カーリューリヴァー」「フェリス名曲コンサート」 に出演。

日本郵船歴史博物館コンサートインミュージアム、横浜市庁舎市民広間演奏会など各地のコンサートにも定期的に出演している。

 

これまでに元ウィーン国立音楽大学名誉教授ノーマン・シェトラー氏、アムステルダム音楽院教授ヴィレム・ブロンズ氏のマスタークラスを受講。名ピアニストのダルトン・ボールドウィン氏の「歌手とピアニストのための公開レッスン」を受講。現在はロシア奏法のレッスンを定期的に受講し、さらなる表現力・演奏法の研究を続けながら、後進の指導と演奏活動を積極的に続けている。

 

 

メディアではFMヨコハマ、CAテレビのJ:COMに出演。各新聞社、タウンニュース誌から取材・掲載を受ける。みなとみらいのmirea誌では「心に響く華麗なピアノ演奏で、音楽の楽しさ、奥深さを伝えてくれる人」と紹介される。 

 

横浜市民広間演奏会会員。

Duo arbol ピアニスト。

メディカルホームグランダ金沢文庫 音楽療法的講座ピアニスト。 

日本クラシック音楽コンクール審査員。

中学校・高等学校専修教員免許所持。

 

 

オーディション・コンクール実績

 

日本ピアノ教育連盟ピアノオーディション奨励賞
横浜市教育委員会主催横浜市作曲コンクールの歌曲の部第2位
フェリス女学院大学音楽学部特別演奏会「オーケストラ協演の夕べ」ソリストオーディション合格
フェリス女学院大学大学院特別演奏会「オーケストラ協演の夕べ」ソリストオーディション合格
横浜市民広間演奏会オーディション合格

 

 

横浜ランドマークタワー・ガーデンスクエアでのコンサート終了後に、毎回聴きに来てくださったお客様からプレゼントしていただきました写真です。

  

 

 

名ピアニストのダルトン・ボールドウィン氏の公開レッスンを受けたとき。

非常勤講座副手勤務時代、フェリス女学院大学大学院音楽研究科「オペラ研究」の授業の一コマ。

 

初めてのオーケストラ共演。良いピアノ教師、そしてピアニストになりたいと思った人生の節目となりました。

 

横浜市庁舎の一階ロビーのランチタイムコンサート。毎回たくさんの方が聴きにきてくださいます。

春と秋に出演していますので、生演奏を楽しみにぜひ聴きにいらしてください!

 

 

 

はじめまして。

いこいのピアノ教室のホームページへようこそ! 

 

私は主宰・指導しております北川恭子です。

 

おかげさまで、いこいのピアノ教室は今年の9月で16周年になります。

 

開室当時、小さなこどもだった生徒の皆さんも今は立派な社会人や大学生。

 

音楽の道に進んだ方もいらっしゃれば、生涯のパートナーとしてピアノを長く楽しんでいらっしゃっる方もいらっしゃいます。多くのご縁ある皆さんが、ご自分にあった心地よい距離感で音楽を愛し続けています。

 

 

憧れの作品に触れ、試行錯誤し、想いに近づけた演奏ができたときの達成感や、

レッスンを通して、新たな素晴らしさに気づけたときの深い感動・・・。

 

これらは長い歴史に残るほどの高いクオリティの芸術に向き合うからこそ、得られる喜びではないでしょうか。

 

 

いこいのピアノ教室では、アットホームな雰囲気の中にもよい緊張感を保ちつつ、風通し良く、楽しくレッスンしております。

 

 

「生徒の皆さんがピアノを通して喜びや幸せがより感じらますように」

 

音楽がうるおいとなって、こころ豊かにお過ごしになれますように」

 

と願いながら、入門生から上級者まで、おひとりおひとりと丁寧に向き合っています。

 

私自身が演奏活動と自己研鑽を続けていますので、生徒さんへの指導方法も私なりに研究を続けており、熱心に、こころをこめたレッスンを継続できるように心がけております。

 

 

小さなお子様からおとなの方まで、ピアノを奏でることをご一緒できる素敵なご縁をお待ちしております。